看護師転職口コミ

保健師としての採用はありますか?

看護師転職口コミの画像

保健師としての採用は少なく、基本的には保健師資格を有する看護師としての採用になります。その場合、看護師として5年以上の臨床経験は必要になるでしょう。保健師として採用される職場には、病院、検診センター、クリニック、民間企業、保健所、大学などがあります。

 

自治体保健師として採用されると、住民を対象として集団健康管理を行います。他にも、公衆衛生や障害者への行政サービス、児童、高齢者虐待、自殺予防などがあり、実にその仕事内容は幅が広いです。

 

ただ、給料に関しては、病院看護師より少ないことが多いようです。

 

保健師のメリットは公務員であるところで、社会保障がしっかりしているところです。長期間勤務すればかなりの退職金をもらうことができ、高い年金受給が保証されます。保健師は産業保健師として採用される道もあります。その場合でも、看護師が保健師になり保健師の求人を見つけたい場合には色々な保健師さんの情報を聞きながら看護師求人サイトのの口コミを聞いてしっかりと検討するのがとても重要になってくるのかなと思います。

 

仕事は勤務先の企業の社員の健康管理になり、特定の企業、事業所に勤務して、そこで働く社員の応急医療や定期健康診断など社員全員の健康管理、健康相談、保健指導などを行います。社員が健康、安全に仕事に従事できる環境を構築し、健康づくりに視点を置いた保健活動をするのが産業保健師の役割です。

更新履歴


このページの先頭へ戻る